2009年03月12日

外国為替証拠金取引協会

 皆さんは、FXについてどのような印象をお持ちでしょうか?ハイリスク・ハイリターンや難しそうで素人にはなかなか手が出せない、そんなところでしょうか。そもそも外国為替証拠金取引(FX)は、少額の保証金(証拠金)を外国為替証拠金取引業者に預けることで、自己資金の何十倍何百倍の金額相当の外貨を売買することができる取引です。しかし残念なことに、取引の仕組みが難しい上に、外国為替証拠金取引を扱う業者への規制が無かったため、たくさんのトラブルが報告されているのも事実のようです。
 そんな環境下で、外国為替証拠金取引業者が組織する業界団体で、情報開示やガイドライン作りを通じて、投資家保護を図ることを目的として外国為替証拠金取引協会が設立されたのです。
posted by FX at 09:27| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

ネット証券会社

「利用者にとってありがたい手数料引き下げ競争も、サービスを提供するネット証券にとっては体力勝負の側面がある。際限なくやっていくと、自らの首を絞めることになるだけに、各社はコスト面以外でも差別化を図っている」(ネット証券関係者)という。

[Yahoo!ニュース]より

近年、どんな商売も大変な時代です。まして不景気が叫ばれる昨今、FX取引に関わる証券会社も、生き残りに必死みたいです。小売業などでは、倒産・廃業などは当たり前の世の中ですが、ネット証券会社も厳しい実情がありそうですね。
posted by FX at 21:57| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

FXの基本

外国為替証拠金取引(略称FX)とは、ごく簡単に言ってしまうと外国の通貨を売買する取引のことです。通貨を売買?ちょっと概念がわかりにくいかも知れません。でもたとえば海外旅行をするとき、円をドルに交換します。窓口に円を差し出して、同じ値打ちのドルをもらう。
 その際には銀行が少し手数料をとりますが、円でドルを買ったということです。たとえば1ドル=115円のときに1ドル買います。その1ドルをまた円に交換しようとして、もしレートが1ドル=117円に変っていたら? もちろん戻ってくるのは117円。
 手数料を度度外視して考えば、まるまる2円の儲けです。1ドルだから少額ですが、もし1万ドルの売買だったら2万円の儲けです。10万ドルなら20万円。かなり凄い!と思いませんか。これがFXの基本です。


posted by FX at 20:27| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

ネット証券会社のFX取引量

最大手のSBI証券は08年7月、FXの通常取引手数料を無料化し、11月には取引できる通貨の種類も拡大した。取引量は一気に伸び、12月のFXの売買代金は4兆6677億円と、前年同月と比べ10倍超となった。

 同社の08年4〜12月期決算では、主に株式売買の委託手数料収入が前年同期比で23.9%減少した一方、FXや投資信託などの取引の手数料収入は同9.1%増だった。FX取引手数料の無料化後も、客の売買を取り次ぐ際の利ざやが収入になっている。


[朝日新聞ニュース]より


手数料の無料化は投資家にとっては大歓迎ですね。株価低迷の昨今ですが、FXへと投資の対象が変化してきている証でしょう。
posted by FX at 15:56| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

信頼できるFX会社について

まず、信用できるFX会社といっても、fx 初心者ならなおさらですが、何を基準に信用できるのか??という判断は非常に難しいですよね。

FX会社が信頼できるかどうかを見極める要素は、人ぞれぞれに違うだろうし、いろいろあると思います。

私の場合は、信託保全がされているか?、株式上場しているか?、そして、実際に口座を開設している人数などの要素が大事だと思うのです。

それぞれの理由として、信託保全に関して言えば、100%信託保全をしていないFX業者でも何%かを別口座に保全していれば、信託保全をしていると言えてしまいまうのが現状です。

100%の保全をしていないFX会社は、会社が潰れてしまうと預けていたお金が全額戻ってこない可能性があるのです。ですから、この辺の注意は非常に重要となってくるわけです。

次に、株式上場している会社というのことに関しては、上場している会社は、会社として下手なことができないという社会的な責任があるため、一般的に信頼がおける要素のひとつとなるからです。

そして最後に、実際に口座を開設している人数についてですが、実際に口座を開設している人数が多ければ、人気のあるFX業者という見方ができますし、口座を開設している会員が多ければ、潰れにくい会社であるという見方もできるからです。
posted by FX at 17:54| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

信頼できないFX業者を避けよう

FX業者の中には、信頼できないFX会社もあります。今現在はそんなことはありませんが、一昔前までは、海のものとも山のものともわからないようなFX業者が乱立する中で、知り合いやクチコミなどの情報を頼りに信頼できる会社を見つけるしかありませんでした。

例をあげると手数料に関しては、今現在は無料というのが当たり前になってきています。なぜ、どこのFX業者もこぞって手数料を無料にするのか??そこには、FX業者の思惑があるのです。

トレーダーからしてみると、取引をする際に手数料がかからないというのは、一見、特をしているような気もします。しかし実際、手数料が無料だということで、安易な取引を何度もしてしまうことが多々あります。

本来なら買い注文を入れないような局面で、負ける確率の高いポジションを取ってしまうのです。そして安易な取引の回数が多ければ、負けも必然的に多くなります。トレーダー側からすると、結果的に負ける確率が高くなるわけです。

さて、FX業者の方はというと、一般的にトレーダーの取引の回数が増えれば増えるほど、FX業者は儲かるようになっています。手数料が無料だとしても、スプレッドで手数料を取っているからです。

手数料は安いに越したことはありませんが、上記でいったように手数料が安いからといって、FX会社を選ぶのは止めた方が良いでしょう。
posted by FX at 18:02| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。