2011年10月29日

FX取引の現状

長期にわたる日本の不景気。追い打ちをかけた東日本大震災。FX取引の現状はどうなっているのでしょうか?調査によると、市場規模(預かり証拠金残高)は前年同期比9.9%増の7509億円となったことで、リーマンショック後の急激な円高で一時的に縮小したものの、その後は拡大を続け、過去最高だった2008年3月期の水準を超えたということです。それでも、取引高は、規制強化の影響で、減少を余儀なくされているようです。マネーゲームに興じることができる富裕層はまだまだ健在でしょうけど、風向きは変化しているかもしれません。
posted by FX at 08:37| FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。