2010年12月21日

7000万円儲けた投資家の手法

 FX(外国為替証拠金取引)で儲けるコツは、損はできるだけ少なく抑え、儲けは可能な限り伸ばすことにつきる。当たり前のことように聞こえるかもしれないが、実は前者の“損はできるだけ少なく”を実践できている個人投資家は少ない。

 エントリーと同時に、損が拡大しないようにロスカット注文を入れておくのは、もはやFX投資の基本中の基本だが、このロスカットの入れ方を誤ると、損切りばかりでいつまで経っても儲からないなんてことにもなりかねない。では、ロスカットはどのように設定するのがいいのか?

 FXについて書かれている本を読むと「エントリーからいくら逆に動いたら」という金額で決める方法と、チャートを分析して、「その節目となる価格帯にロスカット注文を入れる方法」との2通りが記述されている場合が多い。

 『マナブ式FX』(扶桑社)の著者で、自らも50万円の資金を、わずか1年足らずで7000万円にした斉藤学さんはいう。

 「ちょっと下がったとたんに損切りでは利益を取り損ねてしまいますし、かといって損切りの幅が大きすぎるのもトータルで見てロスが大きくなってしまいます」

 そんな斉藤さんが、自らの経験と分析で作ったのが、逆指値設定表だ。

 「チャートの節目となる直近の最高値と最安値からどれくらい動いたら、素直にあきらめる」という、値動きの幅をトレードの時間軸で分けて微調整したものだ。表にしてしまうと、あっさりとしているが、さまざまなテクニカル分析からバックテストを行い、最終的にこの数値に落ち着いたのだという。ちなみに、表中の“pips”とは、取引レートの最小単位のことで、たとえばドル/円だと、1銭のことを1pipsという。

 “損切り貧乏”で悩んでいる人は、一度試してみてはどうだろうか?



[ネットマネーニュース]より



 経験と分析これが大事なんでしょうね。誰にも出来そうで出来ないことかもしれません。投資にのめり込んで熱くなりすぎるのも困りものですが、その情熱を少しでも分析や研究に当てることが出来れば、投資も違った楽しみが生まれそうですね。




キューティクルオイル

 
posted by FX at 11:20| FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。