2010年11月19日

円高・介入観測でFX活況

 東京金融取引所が1日発表した10月の外国為替証拠金取引(FX)「くりっく365」の取引数量は、前月比0・8%増の888万693枚(1枚は1万通貨位)と、2カ月連続で前の月を上回った。金融庁が規制を導入する直前の7月(881万7449枚)を超える高水準だった。

 急激な円高が進行する中、政府・日銀の円売り介入観測などをめぐる思惑が交錯し、個人投資家の売買が活発化した。円相場は、史上最高値の79円75銭をうかがう展開となっており、今後も活況が続きそうだ。

 前年同月比では20・1%の増加で、1日平均は42万2890枚だった。通貨の内訳では、米ドル・円の取引が最も多く、同11・8%増の296万6197枚に膨らんだ。

 8月は規制が強化されたため売買が落ち込んだが、円高進行で9月以降個人投資家が取引を再び活発化。最近では野村証券や大和証券など大手証券も手数料に特典を設けるなどで投資家を呼び込んでいる。



[産経新聞ニュース]より



 ここに来て、円高に歯止めが掛かりそうな動きもありますね。投資家はこのあたりで、慎重になるべき時が迫っていることを自覚すべきかもしれませんね。



クリスタルピンク
posted by FX at 08:40| FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。