2011年01月31日

レバ規制、2011年…激変の1年に

 2011年、FXを巡る環境は一変しそうです。

 最大の注目は8月からレバレッジの上限が25倍へと、もう一段引き下げられることでしょう。昨年8月に50倍の上限が課されましたが、今年8月からは25倍になるのです。

 これまで米ドル/円で1万ドルの取引をするには1万7000円ほどの証拠金が最低限必要だったのですが、最大レバレッジがこれまでの半分になる8月からは2倍の約3万4000円が必要になる計算です。個人投資家からすると、1回の取引に要する証拠金が2倍になるため、資金効率が悪化することになるのです。

 とはいえ、通常の取引であれば25倍もレバレッジがあれば充分であるともいえます。昨年8月のレバレッジ規制第1弾でもそうであったように、実際に影響を受けるのは、ごく一部の投資家に限られるとも考えられます。

 
posted by FX at 18:47| FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

4月や10月は円安になりやすい?

 為替相場に季節性はあるか? FX(外国為替証拠金取引)投資家の中にも、「毎年この時期は円高になりやすい」などという経験則をもっている人はいるかもしれないが、ある季節になると決まって盛り上がる為替取引の噂話(需給トーク)について、外為どっとコム総研代表・主席研究員の植野大作氏が解説する。

 毎年「この季節には円安になりやすい」という思惑を誘発する「円安系の需給トーク」では、【1】年度明けの本邦機関投資家による外貨投資の再開、【2】給与所得者への賞与支給後の外貨投資の増加観測、【3】本邦大型連休や年末年始の海外旅行増に伴う外貨需要、などがよく話題になります。

 日本人の外貨投資や海外旅行は、ほぼ毎日為替に影響を与えていますが、その中にも「旬の季節」はあります。海外旅行が増える時期の説明は必要ないと思いますが、外貨投資に関しては、多くの日本の機関投資家が新年度を迎える4月や、下期始めになる10月には、「リパトリ」(※リパトリエーション/海外に投資していた資金を自国通貨に買い戻すこと)で里帰りしたお金が再び外貨投資に向かいやすいといわれています。

 個人投資家の外貨投資についても、ボーナスという軍資金が振り込まれる時期に増えやすく、金融機関の側でも、それを目当てにして個人マネー獲得営業を強化する傾向があります。この他、【4】米国の多国籍企業の「リパトリ」は12月に出やすいので、この時期は米国への資金還流でドルが買われやすいとの話もよく聞きます。



[マナーポスト記事]より



 4月や10月が円安になりやすいという話は初めて聞きました。海外旅行もひとつの要因となるのにはびっくりです。私は海外旅行はあまり行きませんが、連休時のテレビニュースでの海外旅行客の映像は、経済の面でも大きな影響を与えているという証なのですね。
posted by FX at 08:46| FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

FX、ユーロ/米ドルが急増 前年比55.8%増

 東京金融取引所は4日、2010年の外国為替証拠金取引(FX)の取引数量が、前年比55・8%増の1億993万5079枚だったと発表した。

 通貨の組み合わせの内訳では、ユーロ/米ドルが約3・3倍の367万4987枚と急増。スイスフラン/日本円が2・01倍の36万8567枚、ユーロ/日本円が2倍の1992万1565枚と続いた。

 前年と比べて取引数量が減少した通貨の組み合わせはなかったが、増加率が低かったのは、ニュージーランドドル/日本円(4・7%)、英ポンド/日本円(5・2%)だった。

 FXが増加した一方で金利先物オプションは98・8%の大幅減となり、全商品の合計は44・9%増の1億2127万8095枚となった。



[産経新聞ニュース]より



 一時はFX取引もリーマンショックの影響からか、低調になっていた気がしますがどうなのでしょうか?経済状況が改善してきている証なのかもしれませんが、庶民の暮らしぶりは不景気のままですし、マネーゲームの好調ぶりはあまり歓迎とはいきませんね。



トランスダーマC
posted by FX at 11:15| FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。